液体・粉体の輸送

液体・紛体の輸送は日新へお任せ下さい。
お客様の製品・数量に合わせた最適な物流のご提案をいたします。

特徴

お客様のご要望に合わせ、ISOタンクコンテナ、タンクローリー、ジェットパッカー車(粉体)での輸送をご提案いたします。荷受地から荷卸地までの輸送を責任を持ってお受けいたします。

また、鉄道や海上輸送と組み合わせることによって、二酸化炭素の排出抑制が期待できます。

ISOタンクコンテナ
タンクローリー
ジェットパッカー車

サービスの流れ

実績

1. 20F ISOタンクコンテナ
化学品メーカー様の関東から関西への輸送
2. タンクローリー車(液体)
化学品メーカー様の関東・東北エリアの輸送
3. ジェットパッカー車(粉体)
製粉メーカー様・化学メーカー様の主に関東エリアの輸送

タンクローリー車(液体)・ジェットパッカー車(粉体)の国内輸送利用例

タンクローリー車

  1. 1.車両タンクは満載から少量まで積載でき、1運行で複数箇所の荷降ろしが可能です。
    (ISOコンテナは充填率80%以上としております。)
  2. 2.車両の上部又は下部からの積載が可能です。
  3. 3.車両のポンプを使用し、タンクへ納入します。
    (引火点により、車両ポンプ使用不可の場合があります。)

ジェットパッカー車

  1. 1.車両に備え付けられたコンプレッサーによる荷役で受入側はサイロへ納入します。
  2. 2.フレコン投入に比べ短時間納入が可能です。

関連情報